れっつご~な日々 - テロで思い出した言葉 -

2017.07 «  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - » 2017.09
TOP > テロで思い出した言葉
 ← じつは事件現場(の近く)です。。 | TOP | フキコシ・ソロ・アクト・ライブ!!(知ってる人は知っている♪)

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


テロで思い出した言葉 

2006年07月26日 ()
最近、テロのニュースを見ていて思い出した言葉があります。

「忠義」を振りかざしても、所詮は「人殺し」だ。

お前が吉良を討てば、吉良の家臣がお前の家族を討つぞ。

そんなことをいつまでも繰り返していくのか?

人がどう生きるべきか、もう一度考えろ、大石!


これは2004年の年末に放送された「徳川綱吉~イヌと呼ばれた男~」
というドラマのなかの言葉です。

赤穂浪士47人が主君の仇討ちを果たそうとしていることを知って、
綱吉が大石内蔵助に問いかける言葉です。


自分の主義、主張のためという理由を出したところで、
「人を殺す」ことは卑怯なことです。

これは、小学生でも知っていることでしょう。

自分の非を認めたくないから「きれいごと」にしようとしているように感じます。

人には確かに命より大切なものがあると思います。
でも、その命とは「自分の命」であり、「人の命」を粗末にすることではないと思います。

自分の命をかけても成し遂げたいものはあっても、
人の命を奪っても成し遂げるべきものなんかあるんだろうか、と思います。

関連記事
[2006.07.26(Wed) 19:58] 心に響く言葉Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← じつは事件現場(の近く)です。。 | TOP | フキコシ・ソロ・アクト・ライブ!!(知ってる人は知っている♪)

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← じつは事件現場(の近く)です。。 | TOP | フキコシ・ソロ・アクト・ライブ!!(知ってる人は知っている♪)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。