れっつご~な日々 - 相手に自分を委ねる強さを持つ -

2017.07 «  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - » 2017.09
TOP > 相手に自分を委ねる強さを持つ
 ← 心理学シリーズ『「勇気づけ」って大切です』 | TOP | 梅雨の風情♪

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


相手に自分を委ねる強さを持つ 

2006年06月23日 ()
相手に自分を委ねる強さを持つということ

これは、唐沢寿明さんの「ふたり」という本のなかの言葉です。


何かを手にしたいときには、自分を殺さなければならないこともある。

数々のオーディション経験が教えてくれたことは、
相手に自分を委ねる強さを持つということだった。

「人は何度か死ななければならない」という。

死ぬとは、自分のエゴをすべて捨てて、相手に自分を委ねることだ。

自分で自分をわかることほど難しいことはない。
人は自分ではわからないいろいろな部分を持っている。

だから、
自分はこうだと自分自身を決めつけないで、相手に任せてみる。
そのとき初めて、自分以上の自分が引き出される。

この本は、ただの芸能人の自伝小説ではないという感じです。

「自分」(アイデンティティ)というものを確立していくなかで、
とても大切なプロセスを踏んできたことが伝わってきます。

この本の中に、唐沢さんが今まで着たことがないポロシャツを着て、
「さわやかな笑顔」の練習をしたことが書かれています。

それは、唐沢さんにとっては「自分らしくない」ことですが、
「自分らしくない」事の中に、可能性があるということなんだと思います。

「自分を変える」ことは、とても勇気のいることだし、違和感があることだし、
恥ずかしいことかもしれません。

でもそのプロセスを経て、「器」がひろがるんだと思います

関連記事
[2006.06.23(Fri) 22:07] 心に響く言葉Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 心理学シリーズ『「勇気づけ」って大切です』 | TOP | 梅雨の風情♪

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 心理学シリーズ『「勇気づけ」って大切です』 | TOP | 梅雨の風情♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。