れっつご~な日々 - 好きな人に嫌われても厳しいことが言えますか?(「恋ノチカラ」より) -

2017.07 «  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - » 2017.09
TOP > 好きな人に嫌われても厳しいことが言えますか?(「恋ノチカラ」より)
 ← 何を思い立ったか、SMAPファンクラブ加入 | TOP | 信じたことが実現する♡

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


好きな人に嫌われても厳しいことが言えますか?(「恋ノチカラ」より) 

2006年06月16日 ()
「それは再出発じゃなくて、

逃げ出すって事ですよ」

このちょっときつい言葉は、2002年1月から放送された

「恋ノチカラ」第9話の籐子(深津絵里)の言葉です。

恋のチカラ


今回は言葉というより、

この言葉を言った人(籐子)の生き方にジ~ンっときたもので。


あらすじは・・・

大手広告会社、ユニバーサルを辞めて独立した貫井功太郎(堤真一)は、
広告業界では実力を認められていたが、
独立後、自分にではなく、木村壮吾(坂口憲二)に仕事の依頼が来ていたことを知らされ、
プライドを傷つけられた貫井は事務所を抜けると言い出した。

「海外にでも行って一から勉強すっか。今までの自分はスッパリ捨てて、新しい場所でやり直すんだ。今度こそ本当の再出発ってやつだ。」

そんな貫井に籐子は、

「そうじゃないですよ。それは再出発じゃなくて逃げ出すってことですよ。」

「貫井さんがユニバーサルを辞めて貫井企画をつくったのは、ただ純粋にやりたいことをやるためだと思ってました。」

「でも、結局逃げ出しただけだったんですね。そうやってずっと逃げ回って100個も200個も会社つくったらいいじゃないですか!」

籐子は貫井さんのことが好きなんですが、

好きな人のために厳しいことが言えるこの「籐子」という人が私はとても好きで、

このドラマは欠かさず観てました。

だって、好きな人に嫌われるリスクがあるわけですから。

自分が傷つくことより好きな人が幸せになること、

生きたい人生を生きることを大切に出来る人ってすごいなと。
関連記事
[2006.06.16(Fri) 12:34] 心に響く言葉Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 何を思い立ったか、SMAPファンクラブ加入 | TOP | 信じたことが実現する♡

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 何を思い立ったか、SMAPファンクラブ加入 | TOP | 信じたことが実現する♡
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。