れっつご~な日々 - 性格傾向~末っ子編~ -

2017.07 «  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - » 2017.09
TOP > 性格傾向~末っ子編~
 ← 自分の10年先を想像すると? | TOP | 国連環境サミットでの12歳の少女のスピーチ

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


性格傾向~末っ子編~ 

2007年02月13日 ()
末っ子の特徴

「末っ子」は、家族の中で特別な位置を占めていると

言われています。

特別な位置は、親の態度によってかなり異なります。

①親が「最後の赤ちゃん」として猫かわいがりして、子供を依存的にしてしまう場合

②親が新しい子供の誕生を望んでいなかった場合

この2つの違いによって、子供の占める特別な居場所が異なります。

②の場合(例えば妊娠が予想外だった場合など)、子供は必要とされておらず、
自分の居場所がないと感じます。

このような子供は、従順さや魅力で他の人を喜ばせ、気に入られようとするか、
自分の殻にこもり、寂しさをかかえながら「部外者」であろうとします。

しかし、このような例は稀で、一般的に末っ子は、
①の場合のように、甘やかされ、
家族のみんなに守られています。

末っ子は、家族の中で「ボス」になる傾向があります。
                    
自分の思い通りにならないとかんしゃくを起こす場合もあります。
                    
こうやって末っ子は結局、欲しいものは手に入れるのです。
                    
そんな時、親は他のきょうだいに、

「この子はまだ小さいから・・・」と言って

年上の子供に負けてあげるように頼んだりします。

そのため、「欲しいものは、だれかが与えてくれる」

という思い込みから、依存的になる傾向があります。

末っ子は、自分のことをまじめに取あってもらえなかったり、
ちゃんと話をきいてもらえないという体験をするので
(「まだ小さいんだから、わからなくていいの」「子どものくせに、口出しするな」など)、
自分が他のきょうだいより劣っていると感じやすい傾向があります。

そのため、他のきょうだいに追いつこうと、一生懸命なので、
飲み込みの早い子になり、きょうだいのなかで、最も出世する場合もあります。

以上は、「家族カウンセリングの技法」という本にのっています

この本は、子育てのヒントがけっこう載っています。

また、大人でも、自分の傾向を知って変えていくのにとても役立ちます。

ぜひ参考にしてみてください。

↓ポチッとお願いします♡
ブログランキング
人気ブログランキング
関連記事
[2007.02.13(Tue) 22:38] 心理学は使ってなんぼ!Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 自分の10年先を想像すると? | TOP | 国連環境サミットでの12歳の少女のスピーチ

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 自分の10年先を想像すると? | TOP | 国連環境サミットでの12歳の少女のスピーチ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。