れっつご~な日々 - やっぱり『がばい(すごい)ばあちゃん』 -

2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - » 2017.11
TOP > やっぱり『がばい(すごい)ばあちゃん』
 ← 人生脚本その4「いつもいつも」脚本の巻!! | TOP | 土曜日の朝

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


やっぱり『がばい(すごい)ばあちゃん』 

2007年01月21日 ()
昨日、SmaSTATIONで
『がばいばあちゃん』を特集していました。
わたしはドラマも観ていないので、
名前しか知らなかったのですが、
かなり心に響く言葉の数々を残されていて、
昨日テレビを観ていておもわず涙が出てきた言葉もありました。
佐賀のがばいばあちゃん 佐賀のがばいばあちゃん
島田 洋七 (2004/01)
徳間書店

この商品の詳細を見る

戦時中に女手一つで7人の子供を育て上げた
「がばいばあちゃん」。
これはお孫さんである島田洋七さんに贈った、
貧乏のどん底でも明るく生きたおばあちゃんの名言。

「貧乏には2通りある。暗い貧乏と明るい貧乏。 
うちは明るい貧乏だからよか!それも最近貧乏になったのと違うから
心配せんでもよか。自信を持ちなさい。うちは先祖代々貧乏だから」


同じ出来事をどうとらえるかで、感じることも180度違う。
これは色んな苦労をしてきたからこそ身についた力なんだろうと思う。

そして。

体育の5以外は1と2ばかりだった通信簿をみて、
「大丈夫、大丈夫。足したら5になる。人生は総合力!」


あるとき学校で、同級生が自分の悪口を言っているのを聞いてしまって落ち込んでいると、
「気にせんでよか。2~3人に嫌われても、反対向けば1億人おるから」


そして一番、ずっしりきた言葉が、

金魚すくいで金魚を持って帰ると、水槽のかわりにどんぶりを渡され、
「何でうちはお金がないんだろう・・・。」というと、
「金、金というんじゃなか!1億円あったって、金魚一匹、作れんばい!」

そのとおりなんだけど、このことを人は忘れてしまっているんだなと
思います。
お金さえあれば何でも手に入る。
「幸せも買える」と錯覚している。

貧乏に2通りあるのと同じで、金持ちにも2通りあるでしょう。
幸せな金持ちと不幸な金持ち。

何かが手に入ったから幸せなのではなく、
幸せを「感じる」から幸せなんですね。

そんな大切なことを教えてくれているような気がします。

↓ポチッとお願いします♡
ブログランキング
関連記事
[2007.01.21(Sun) 08:44] 心に響く言葉Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 人生脚本その4「いつもいつも」脚本の巻!! | TOP | 土曜日の朝

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 人生脚本その4「いつもいつも」脚本の巻!! | TOP | 土曜日の朝
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。