れっつご~な日々 - 観劇♪♪ -

2017.07 «  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - » 2017.09
TOP > CATEGORY > 観劇♪♪
TOP

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


SMAPコンサートin大阪ドーム!行ってきたでー♪ 

2006年09月24日 ()
今年ひょんなことからSMAPのファンクラブに入ってしまい、
タイミングよくコンサートツアーの申込に間に合って、
応募したら当たってしまった

・・・で、
そのコンサートに昨日行ってきました!
SMAP1

開演1時間前に行ったんですが、まあすごい!
もうすでに、グッズ売り場は長蛇の列!
前もって情報は聞いていたけど、これほどとは思わなかった。
スポンサーサイト
Open↓

今回一緒に行った中の二人がグッズを買いに並んで、
開演ぎりぎり間に合った感じでした。

そして、座席はアリーナ!

会場に入った瞬間になんかドキドキしてきて、
いい緊張感がありました。

今回は3Dの仕掛けがあり、↓↓こんなめがねが配られました♪
SMAP2


・・・で、
コンサートは
かなりよかったです!!

わたしはミーハーだったのか!と
認識いたしました

やっぱりSMAPはすごい!!
いかにお客さんを楽しませるか、満足させるかを
すごく考えているなと。

どの席で観ている観客にもそれぞれに
配慮するような構成だし、
なんといっても、存在感はすごい!

お客さんの年層が幅広いのも、納得でした。

今回は、中居くんが脚の肉離れで
ダンスも十分踊れなくて、
痛いだろうに、それでもがんばって舞台を端から端まで
自転車で移動したり走り回ってくれていた姿に、ちょっと感動しました

そして、さすがリーダーだなと思ったのが、
慎吾ちゃんのマイクが突然入らなくなってしまい、
ちょっとあわてた感じになったとき、
中居くんがスッと自分のマイクを慎吾ちゃんに渡して対応したのを見た時です。
この時は、周りに対する気配りとか、とっさのときの対応力を
感じました。

ちょっと最近中居くん贔屓の私なので、
そういう目で見るからかもしれませんが・・・。
また、私の中でポイントが上がってしまいました

とにかく最後まで満喫できました!

来年もファンクラブ継続して観にいきたくなってしまった

Close↑

[2006.09.24(Sun) 22:00] 観劇♪♪Trackback(1) | Comments(1) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

管理人のみ閲覧できます by -

コメントを閉じる▲

「アパッチ砦の攻防」のイチオシ♡ 

2006年09月16日 ()
9月12日(火)、大阪厚生年金会館に、
「アパッチ砦の攻防~戸惑いの日曜日~」を観にいってきました

作:三谷幸喜さん、演出:佐藤B作さんという組み合わせ。
アパッチ砦の攻防

三谷さんファンとしては、B作さんの演出はどんな感じになるんだろうと、ちょっと不安(ゴメンナサイ)もありました。

お話はというと、
Open↓

とある高級マンションの一室で父(佐藤B作)は娘(中澤裕子)から結婚の報告をうけていた。今から彼氏をここへ連れてくるという。
「幸せになれよ」と言葉をかける父。

娘が彼を呼びに出て行ったその時、この部屋の住人(西郷輝彦)が帰ってくる。
そして「父」は突然「電器屋」に変身!!

ん??
どういうこと?

マンションの一室で始まったちょっとの「うそ」が、とんでもないことに・・・。

というようなお話なのですが、
前半は、ちょっとくどい感じがあって、「もうそろそろええやろう」
「やりすぎやりすぎ」と、心の中でつぶやいておりました。
「笑わそう」という熱意(?)がかえってくどくなるというか。

でも、後半はテンポもよくなり、いい感じでした。

そして何よりこのお芝居を観にいってよかったわぁと思えたのは、
電器屋さん役の小島慶四郎さんと、フィリピンダンサー役の小林美江さん

この二人が最高でした

小島さんは、大阪人の私としては思い入れのある「松竹新喜劇」で藤山寛美さんと共演されていた方で、もうその存在自体がおかしい!
出てきた瞬間になんだか知らないけど笑ってしまう。
その上、佐藤B作さんが言ったアドリブ(多分)に対して、「そんな台本にないこと言われても・・・」と素のリアクション!
それがまたおかしい

そしてもうひとり。小林さん。
正直わたしはこれまで、この方を知らなかった。
しかし、この舞台での存在感はスゴイ
フィリピン人役なので、片言の日本語、しかもセリフはそんなに多くない。
なのに、心わしづかみ!なのです
「間」といい「動き」といい、完全にメインの役者を食っている!!
そう感じるほど印象に残ってしまうのです♡

このお二人を観ることができたのは、本当に「もうけもの」でした

Close↑

[2006.09.16(Sat) 09:08] 観劇♪♪Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


「噂の男」みたー!! 

2006年09月15日 ()
9月10日の日曜日、観にいってきました!
「噂の男」

噂の男2


場所は大阪梅田の「シアタードラマシティー」。
幸運にも席は一列目の真ん中より!!

手を伸ばせばとどきそうな間近で。

このお芝居は、福島三郎さん作、ケラリーノ・サンドロヴィッチさん潤色・演出という贅沢な組み合わせで、
出演者も橋本じゅんさん、八島智人さん、堺雅人さん、山内圭哉さん、橋本さとしさんと、個性派&実力派ぞろい♡ 
Open↓

お話は、大阪のとある劇場のボイラー室が舞台。12年前、当時活躍していた漫才コンビの一人がそのボイラー室で死んでしまった。
その漫才コンビとその二人にからむ人たちの嫉妬、愛情、憎しみなどの人間模様が描かれている。

こう書くと、かなりシリアスな内容なのか??
と思ってしまうでしょうが、そこは福島さんとケラさんが作・演出ですし、出演者もはんぱじゃなくおもしろい方々なので、笑い中心にシリアスでブラックな部分もあって、約2時間半、堪能いたしました

噂の男2


多分、これが福島さんの脚本・演出だったら、全く違う世界になったと思いますが(もっと「人情」とか「ハートウォーミング」という言葉がしっくり来る感じの)、ケラさんがストーリーに手を加え、演出したことで、人間の負の部分がけっこうにじみ出ていた感じがします。

しかし、橋本じゅんさんはいい!!
じゅんさんが出演している舞台をご覧になった方は、じゅんさんが「アドリブ攻撃」を仕掛けるのをご存知でしょう。

今回もやってくれました
その時の周りの役者さんの反応を見るのがまた楽しい!!

次なる舞台が楽しみじゃー

Close↑

[2006.09.15(Fri) 21:40] 観劇♪♪Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


久々の舞台「開放弦」の巻 

2006年08月06日 ()
ブログランキング

昨日は久々にお芝居を観にいったのですが、
題名は「開放弦」
開放弦


お話は・・・。
Open↓

結婚式を終えたばかりの夫婦・恵子(水野美紀)と遠山(丸山智己)に周囲はとまどっていた。
接点さえもなかった二人が、突然「できちゃった結婚」したのだから。
しかも、当の二人は結婚式を終えたばかりだというのに、お互いを苗字で呼び合う・・・。

その理由は、遠山のバンド仲間・門田(大倉孝二)だけが知っている。
遠山と門田の会話からは、どうやら巨額のカネが絡んでいるような・・・。

そんな中、取材旅行中だった漫画家夫婦の進藤(河原雅彦)と素江(犬山イヌコ)が運転する車が、遠山を轢いてしまう。遠山はその事故の後遺症で右手が動かなくなる。遠山が作曲したアルバムが大ヒットしこれからという時だったが・・・。

今回は、出演者に惹かれて観にいったのですが、ちょっと複雑で話に入り込めないうちに終わってしまった感じです。

あらすじを前もってチェックしてから観たほうがもうちょっと楽しめたかも。

なんか、ストーリーを頭の中で組み立てるのに忙しい感じでした。
解りやすいのが好みなので(^^)

ちょっと不完全燃焼・・・。

帰りに「淀川花火」を電車の窓から眺めつつ、心癒されたので
「まっ、いいか。」ということで。

花火

Close↑

[2006.08.06(Sun) 08:32] 観劇♪♪Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


フキコシ・ソロ・アクト・ライブ!!(知ってる人は知っている♪) 

2006年07月22日 ()
「フキコシ・ソロ・アクト・ライブ」
ご存知でしょうか?

フキコシ
Open↓

俳優、吹越満さんが、たった一人で繰り広げる
お芝居(?)パフォーマンス(?)ライブ(?)(なんて表現していいかわかりません!)

昨年、3年ぶりに観にいったんですが、
前回(つまり3年前)初めて観にいき、
はまってしまい、
次の公演を心待ちにしていました♪


とにかく単純におもしろい!♡

わたしは、けっこう単純な笑いにはまりやすい人で、
そのツボに入ってしまうんです(^^)

でも、演出(というのだろうか)は凝っていて、
映像とか、ライト(光と闇とか)をうまく使って
笑いのツボをついてくるところは、
さすが!!
と感心します!

今年も公演予定があるなら、必ず行こうと心に決めています!
いつも夏ごろの公演だったので、
今年もやるならもうそろそろかな・・・と♪

私的にはかなりおすすめです♡

Close↑

[2006.07.22(Sat) 17:23] 観劇♪♪Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


劇団新感線「吉原御免状」の巻♡ 

2006年07月16日 ()
チケット取るのが大変、・・・でもけっこうはまっているのが
劇団新感線プロデュース公演♪
一番最近観にいったのが、

「吉原御免状」

吉原御免状


Open↓

私はどちらかというと
シリアスな内容よりちょっと笑えるものが好きなので、
新感線のお芝居を最初に観に行ってから
けっこうはまってしまったんですが、

今回は最初から最後まで
まじめな内容でした。

宮本武蔵に育てられた若武者、松永誠一郎(堤 真一)が、武蔵の遺言で遊郭「吉原」へ。
そこで、秘密組織「裏柳生」の総帥・柳生義仙(古田新太)に襲われたことをきっかけに、
「吉原」の謎、誠一郎自身の出生の秘密などが次々と明らかになっていく・・・。

というような内容なんですが、
いつもながらに、迫力があって観ていて面白かったんですが、
なんせ、おもしろ好きの私としては、
ちょっと物足りなかった感じです。

でも、堤さんはかっこよかったし(ファンなので♡)、
太夫役の松雪泰子と京野ことみはきれいでした!!

舞台は「生」の迫力があって、おもしろい!
一度はまったら、やめられません♡ ♡

Close↑

[2006.07.16(Sun) 08:51] 観劇♪♪Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


「天保十二年のシェイクスピア」(チケット高かった!でもおもしろかった!) 

2006年07月08日 ()
最近、蜷川作品の舞台がいくつか続いているので、
昨年の秋に観にいった舞台
「天保十二年のシェイクスピア」
ちょっと思い出してしまいました。

けっこう予想外におもしろかった♪

天保十二年の



お話は

江戸時代天保の頃、清滝村というところに、鰤の十兵衛が経営する2軒の旅籠があった。
十兵衛には3人の娘がいて、娘達に身上を譲ろうと考えたことから、姉妹同士の争いがおこり・・・。

というようなものなのですが、

その話の中に「リア王」「ロミオとジュリエット」「リチャード三世」「ハムレット」など
シェイクスピアの名作を含む全作品を織り込んでいる(らしい)。
全作品を知っている人が見たら、
もっと楽しめたかも。

蜷川幸雄演出ということで、
勝手に「むずかしそう・・・」
思い込んでましたが、
とんでもない!!
楽しめて、
笑えて、
得した気分でした♪

最近、蜷川作品の上演が続いているので、
また機会があったら観にいこうかな♡
Open↓

江戸時代天保の頃、清滝村というところに、鰤の十兵衛が経営する2軒の旅籠があった。
十兵衛には3人の娘がいて、娘達に身上を譲ろうと考えたことから、姉妹同士の争いがおこり・・・。

というようなものなのですが、

その話の中に「リア王」「ロミオとジュリエット」「リチャード三世」「ハムレット」など
シェイクスピアの名作を含む全作品を織り込んでいる(らしい)。
全作品を知っている人が見たら、
もっと楽しめたかも。

蜷川幸雄演出ということで、
勝手に「むずかしそう・・・」
思い込んでましたが、
とんでもない!!
楽しめて、
笑えて、
得した気分でした♪

最近、蜷川作品の上演が続いているので、
また機会があったら観にいこうかな♡

Close↑

[2006.07.08(Sat) 09:40] 観劇♪♪Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


泣いてやるぅぅぅ~~~!!! 

2005年06月25日 ()
今日の今頃、そう、今6時をまわりましたが、
ほんとなら今頃私は、「ミザリー」という舞台を
観にいっていたはず・・・。

「はず」ということは、その場にいないということで。

風邪をこじらせ、咳が止まらない!!

この状態では、私はよくても、周りのお客さんがよくない。
コンコンされたら、やっぱり気になるもんでしょ。

ミザリー
Open↓

はぁぁぁ~。ショック!

小日向さんファンの私は、
この日を楽しみにしていたのに・・・。

小日向さんと、渡辺えり子さんのお芝居で、
絶対おもしろいはず!!と期待満々だったのに・・・。

・・・と、これをうっているあいだも咳が・・・。

ちゃんと寝ときなさい!!

・・・は~い・・・。

Close↑

[2005.06.25(Sat) 18:16] 観劇♪♪Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


ピンク・レディーはすごい!? 

2005年05月21日 ()
今日、実はピンク・レディーのコンサートに行ってきたんですが、とにかくすごい!! 何がすごいかというと、あの歳で(スイマセン)あれだけ歌って踊れることもそうだし、2人の存在が、こんなにたくさんの人を楽しませることができるなんて・・・。                                          
人間歳は関係ないなと思うし、歳を重ねているからこそできることがあるんだなと、感じました(^^)
わたしもこんな素敵な歳のとり方をしたいなと♪ほんとすごいと思いますピンクレディー

Open↓

47歳ですよ!!そりゃあ、途中休憩のため、他のダンサーが何度かつないでましたけど、でもそれは当然です。
だって、私実は忘年会でピンク・レディー3曲ほど踊ったんですが、本気で踊ったら、後で脚と腰にきましたから。3曲でもそうですから(^^)それを連日ですからね。

あと、それにもまして、観客が衣装自前でつくってやってくるんですから(実物をお見せできないのが残念ですが)。それを観るのも楽しいんです♪♪これは観る価値ありです!といっても、今回がLast Tourらしいんですが。もう観れないかと思うと残念です。

Close↑

[2005.05.21(Sat) 22:47] 観劇♪♪Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


「Shuffle」おもろい 

2005年05月21日 ()
わたし、舞台を見に行くのが好きで、特にコメディ系がお気に入りなんですが、
本日も観に行ってきました
「Shuffle」という舞台で、伊原剛志さん、奥菜恵さんなどが出ています。(2列目でよ~くみえました!)
Suffle

すごく楽しかったです!
伊原さん、奥菜さんもさることながら
その他の出演者がいい味を出されてます♪
山内圭哉さんは最高でした!


22日(日)まで大阪の「シアター・ドラマシティ」でやっているので
興味のある方はぜひ(^^)!!

「Shuffle」の情報はこちら
Open↓

コメディが好きなのは、単純に楽しめるから(^^)
映画も笑って泣ける系が好きなんです。

三谷幸喜さんの作品も好きでよく観に行きます♪
お気に入りの舞台は「彦馬がゆく」「笑の大学」 
三谷さんは笑って泣ける系なので、笑って癒され、泣いてさらに癒される感じです(^^)
次にねらっている舞台は8月予定です(三谷さんではないけど)♪

Close↑

[2005.05.21(Sat) 00:35] 観劇♪♪Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。