れっつご~な日々 - 旅日記 -

2017.07 «  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - » 2017.09
TOP > CATEGORY > 旅日記
TOP

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


屋久島「縄文杉」へ!!~PART3~ 

2006年11月05日 ()
縄文杉までの途中に夫婦杉という杉があります。
屋久島14


このように、二本の杉が手をつないでいるようになっていることから
ついた名前のようです。

チームマイナス6%

スポンサーサイト
Open↓

「縁結びのご利益もある」というようなことをききましたが、
「次来たらなかったりして・・・。」とつぶやいていた女性が
印象的でした。

そして、ついに縄文杉に
屋久島15


実は、縄文杉にたどり着いたときが、
雨のピークでした。

どしゃ降り状態で、縄文杉がかすんで見える感じでした。

そして、どこからともなくこんなつぶやきが・・・。
「味噌汁飲めない・・・」

あぁ。きっとこの人は、縄文杉に着いたら、
あったか~い味噌汁をのむことを励みに
ここまで登ってきたんだろうなぁと、

そのしみじみしたつぶやきから伝わってきました。

確かにこのどしゃ降りではのめません。

私たちも、弁当を食べる場所を確保すべく、
縄文杉を離れることに・・・。

あっという間の対面。
名残惜しいが、お別れじゃー!

そして降りていくと、手ごろな場所が♪
屋久島16


ここは屋久杉の株の中です♡
ちょっと暗くて雨漏りするけど、
とりあえずは弁当食うぞ!

腹ごしらえして、下山。
この帰り道の長く感じること・・・。

雨は小降りになったとはいえ、山道はすべるわ、脚は痛いわ。

やっとの思いで荒川登山口に着いたのが15:30。
そして、空をみれば太陽が!!

今から晴れるのかよ!!!

と愚痴りながら宿に向かったのです

↓↓ポチットお願いします。
ブログランキング

Close↑

[2006.11.05(Sun) 06:54] 旅日記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


屋久島「縄文杉」へ!!~PART2~ 

2006年11月04日 ()
めざせ!!縄文杉!!

屋久島名物の雨の中を、着々と登っていくのですが、
途中で、いろんな名前のついた杉があります。
屋久島9


私たちはガイドなしで自分たちだけで登ったので、
どれがどの杉なのか認識がなかったのです。

でも、登っている途中で、他のグループについている
ガイドさんの説明がなんとなく耳に入ってくるのを頼りに
「あ~、これがウィルソン株かあ。」などと納得しながら
進んでいったんです。

チームマイナス6%
Open↓

雨は小降りになる気配もなく、
一段と雨脚が強くなっていくような・・・。

それでもめげずに進む!!!!!
屋久島12


ウィルソン株の中から・・・
屋久島13


縄文杉まではまだ長い・・・。

↓↓ポチットお願いします。
ブログランキング

Close↑

[2006.11.04(Sat) 15:47] 旅日記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


屋久島「縄文杉」へ!!~PART1~ 

2006年10月30日 ()
縄文杉をめざすには、まず「早起き」から。

朝3:30起床

でも、行中ってわりと目が覚めるんですよね。
子供のとき、遠足の日はパッと目が覚めるのと一緒で♪

で、4時に宿を出発!!

見上げると満天の星空!!
星空

今日はいい天気だ!・・・と思っていたら、
みるみる雲が出てきて、あっという間に星も消え、
あっ、あっ、雨が!!!!!!!!!!!!

Open↓

覚悟はしていました。
なんせ屋久島「一月に35日雨が降る」といわれるくらい雨が多い!

でも、今から行くぞ!!というときに降らなくても・・・。

全身カッパを着込んでいざ出発!!
かっぱ


雨にもめげず、たくさんの人が登ってました。

私もめげずに、可能な限り写真を撮りながら登りました。
屋久島9


雨でけむっているのが、なんとも神秘的な世界です♪
屋久島11


まだまだ縄文杉への道は長い!!

チームマイナス6%

↓↓ポチットお願いします。
ブログランキング

Close↑

[2006.10.30(Mon) 00:32] 旅日記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


屋久島「送陽邸」に泊まる! 

2006年10月26日 ()
屋久島で今回泊まったのが、「送陽邸」
送陽邸のページ
送陽邸1

〈部屋からの眺め〉

この宿は家族で経営されていて、
電話で宿泊の予約をした時に対応してくださったのがおかあさん

このおかあさんが、またいい味を出している♡

Open↓

2日目に縄文杉登山を計画していることを伝えると、

「あぁ。朝早いから、支度するときは静かにしてくださいねぇ。もうね、2時か3時くらいからゴソゴソするから、次の日に隣のお客さんから苦情がくるんですよ。こっちに言われてもねぇ。わたしら夜中のことはわからないから。本人に直接言ってくれればいいのにねぇ・・・。あとから言われてもねぇ。・・・・それが・・・・・・・・でしょ?・・・・・そんなの・・・・」 

そのあともひとしきり続きました(後半の・・・・からは内容覚えてません)。

こう書くと、すごくきつく感じますが、実際に電話で話している感じはなんかコミカルで憎めないというか。

普通お客さんに愚痴るかぁ???
そう、まさに「愚痴」!♪ 

でも、なんか聞いてしまうんですよ、これが。
しかも「そうですよね。わかります!」とか相槌うってしまう。
それがまたかわいいというか、「がんばってるんだなぁ・・・」なんて思ってしまって

そんなおかあさんのいる「送陽邸」は、古い民家を改築しているので、風情があってとても落ち着く感じです。
〈部屋の中〉
送陽邸2


食事は海辺にあるデッキ(?)で。
とてもいい雰囲気♪
〈海に面したデッキ〉
送陽邸3


〈デッキからの眺め〉
いなか浜



時間がゆったり過ぎていく空間です。

さあ。いよいよ明日は縄文杉だ!!

チームマイナス6%

↓↓ポチットお願いします。
ブログランキング

Close↑

[2006.10.26(Thu) 00:10] 旅日記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


2度目の屋久島ツアー♡出発じゃ~!! 

2006年10月21日 ()
前回、2004年に初めて屋久島に行ったんですが、
その時の自然の中にいる感覚が心地よくて、
「また来るぞ~!」と心に誓っていました。

そして先月、念願の屋久島「縄文杉」まで行ったるぞ~!ツアーを敢行いたしました♪

出発当日は、とってもいい天気♡
朝5時過ぎに家を出まして、伊丹空港へ。。
伊丹空港


Open↓

屋久島到着は10時過ぎの予定。
鹿児島で乗り換えて、プロペラ機でいざ屋久島へ♪
屋久島1


9月いっぱいで、YS-11機が引退するということで、機内で「記念うちわ」ももらってしまった。(屋久島とは全く関係ありません)

屋久島に到着して、レンタカーを借りに・・・。
レンタカー屋さんのおっちゃんが、かなりのんびりした人で、
(というか、島の人はみんなのんびりしている気がするが・・・)
レンタカー代を払うときに、細かいお金がなくて万札で払ったら、
おつりが手元にない。

こっちもそれぞれ細かいお金を再度探したが、結局なくて、
おっちゃんが、「こまったなー・・・。」というような顔をして
しばらく自分の財布とにらめっこ。
そして、「ちょっと、買い物してくずしてくるから、待ってて。」
というセリフを残し、どこかへ消えてしまった・・・。

      (ぴよぴよぴよぴよ・・・) 

「・・・かっ、買い物してくずす??!!」 
私達は、よっぽど信頼されているのか!?!?
このまま車に乗っていなくなるなど、考えもしないのか・・・。

まあ狭い島だから、そんなことしてもすぐにわかるんだろうけど。

「これ大阪やったら、確実にキレてるな。」

そういう私達も、「この島のテンポはこんな感じなんだ・・・。」
と思うから、待たされても不思議と腹も立たない。

「島時間」というものか。
恐るべし!!

無事、おつりを受け取り、いざ出発!
天気が良すぎて、かなり暑かった!
そんな中、不覚にも温泉に向かう私達・・・。

「湯泊温泉」という海辺にある無人の露天風呂。
rotennburo


気持ちいいはずの温泉が、
・・・あっ、あつい!!!!!! 

結局かなり短時間の滞在で終わってしまった

教訓:温泉は日没前後に行くべし!

Close↑

[2006.10.21(Sat) 17:32] 旅日記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


京都散策♪ 

2006年10月09日 ()
京都に行ってきました♪
・・・といっても、私の住んでいるところは
大阪と京都のほぼ中間。
なので、わりと気軽に行ける距離なのです  

で、今回は「二条城」へ。

二条城1



Open↓

秋晴れの空に、ちょっと冷たい風が気持ちいい季節。

外国からの観光客の方も多かったです。

「二の丸御殿」の中を拝観しましたが、
障壁画や欄間の彫刻はちょっと感動しました。

二条城2


その中で、十五代将軍徳川慶喜が大政奉還を宣言した部屋がありました。
そういうエピソードをきくと、私のくせで、その時の光景を想像して
ちょっと感慨深くなってしまうのです。

慶喜はどんな思いで決意したんだろう・・・とか。
(大きなお世話なんですが)
二条城4


帰りに、お香の店に立ち寄って、「白檀」のお香を
買ってしまった

「和」のものが好きな私としては、ご満悦の時間になりました♡
京都に近くてよかった~♡

Close↑

[2006.10.09(Mon) 15:42] 旅日記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


仰向けのぶた in カンボジア! 

2005年06月16日 ()
今回、アンコールワットに行って、かなり満足しました♪

古いものはほんとそれだけで味が出るというか、
長い歴史をずっと見てきたんだなと思うと、
心に伝わるものがある感じです。

しかも、「京唄子」さんにも会えましたし♪
アンコールワット25

(詳しくはコチラ

しかし、ただひとつだけ、心残りが・・・。
あのシャッターチャンスを逃したことだけが・・・。
Open↓

それは遺跡に向かう途中の出来事。

私たちが乗っている車の横を
一台のバイクが追い越そうとしている。

なにげに通り過ぎたそのバイクの荷台に目をやると・・・。



んっ!!!???


あの光景は言葉では言い表せない!!
くやしい!!

なんとかお伝えしたくて
再現してみました(笑ってやってください)

アンコールワット45

仰向けに万歳をして縛られているブタ2匹!!

しかも、

背中がやや反っていて、口が半開き!  

ほんと、すいません!!
表現力不足で・・・。
なんとか想像してください!

こんな感じで、仲良く2ひき、長~い体をよせあってゆられてたんです!

「なあ、わしらなんでここにおんねん。」

「そんなん、知らんがな。」

「さっきから道悪いさかい、よう揺れて、背中痛いねんけど。」

「そおかぁ?わし気持ちええけどなぁ。」

「今日も、ええ天気やなぁ。」

「ほんま、暑いわ。」

「・・・わしら、どこ連れて行かれるんやろなぁ。」

「・・・・・。」

そんな会話が交わされているような、
哀愁漂うブタ2匹なのでした。

あの光景を間近で見れたのは運がよかったのかも。

その証拠に、雨季だというのに
スコールは帰る日の午後から降っただけでした♪
アンコールワット46

Close↑

[2005.06.16(Thu) 21:46] 旅日記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


いっぱい食べたぞ!! in アンコールワット! 

2005年06月16日 ()
食! & おまけ♪

いつでも、
アンコールワット38


どこでも、
アンコールワット39


なんにでも、
アンコールワット40


パクチーが・・・
アンコールワット41


Open↓

でも、それが意外といけるんですよね。

もしかしたら、体からパクチー臭が漂っていたかもしれませんが・・・



そしてついでに、

カンボジアのお札
アンコールワット42


民族舞踊「アプサラダンス」
アンコールワット43


影絵
アンコールワット44


Close↑

[2005.06.16(Thu) 20:27] 旅日記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


それゆけ!アンコールワット!~魅惑のおしり&哀愁の背中編~ 

2005年06月16日 ()
魅惑のおしり in アンコールワット!

おしりトリオ参上!!

アンコールワット32


どうだ!この存在感!!

アンコールワット34


Open↓

ぞうさんもおしりふりふり、一生懸命お客さんを運んでました

アンコールワット35


そして、遺跡に見入る後姿が3つ

アンコールワット33


哀愁の背中・・・

ぞうさんの背中がちょっとさみしげ・・・

アンコールワット37


私たちを案内してくれたガイドさん♪お疲れ様気味の背中・・・

アンコールワット36

お世話になりました!

Close↑

[2005.06.16(Thu) 20:07] 旅日記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


それゆけ!アンコールワット!~夕焼け小焼け編~ 

2005年06月16日 ()
お天気に恵まれ、きれいな夕日とともに・・・

プノンバケンからの夕日
アンコールワット26


アンコールワット27


Open↓

プノンバケンからみたアンコールワット

アンコールワット28



美しい夕焼け・・・ココロ洗われます

アンコールワット29


アンコールワット30


アンコールワット31

Close↑

[2005.06.16(Thu) 19:35] 旅日記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


京唄子を探せ! in アンコールワット! 

2005年06月16日 ()
京唄子 again!!


京唄子を探せ!!                  
アンコールワット22



Open↓

あっ!!いたい!! 京唄子!

アンコールワット23


これはやっぱり 京唄子!

アンコールワット21


どこから見ても 京唄子!

アンコールワット24


まちがいなく 京唄子!

アンコールワット25

Close↑

[2005.06.16(Thu) 19:18] 旅日記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


それゆけ!アンコールワット!~衝撃の瞬間編~ 

2005年06月16日 ()
バイヨンの遺跡にはすごい衝撃が!!

正面から回廊の彫刻が彫られてます
アンコールワット17
アンコールワット18


きれいな彫刻♪

アンコールワット19
アンコールワット20


そこを通り過ぎて いくと・・・

衝撃の瞬間が・・・!!!!

Open↓

アンコールワット21


京唄子 出現!!!!



Close↑

[2005.06.16(Thu) 16:50] 旅日記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


それゆけ!アンコールワット!~まさにアンコールワット編~ 

2005年06月16日 ()
これがアンコールワットだぁぁ~!!

アンコールワットを正面から拝見♪
アンコールワット10


池に映ったアンコールワット♪この位置がベストだそうです
アンコールワット11


建物の中
アンコールワット12
アンコールワット13


外は広大な森林
アンコールワット14

どこまでも森が続くという景色。
地平線までず~っと森ですよ!!

ちょっと感動いや、かなり感動

思いがけなく虹が・・・
アンコールワット15


アンコールワットに朝日がのぼる瞬間
アンコールワット16


3月ごろには、ちょうど真ん中から昇るそうです。

とても神秘的で、幻想的な空気が流れてました。
[2005.06.16(Thu) 16:45] 旅日記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


それゆけ!アンコールワット!~遺跡編~ 

2005年06月16日 ()
☆☆遺跡の数々☆☆

アンコールワット以外にもいろんな遺跡が!!**********************

アンコールワット7



******************とても美しい彫刻がたくさんありました********

アンコールワット6



建物が緑の中にひっそりと・・・*****************************

アンコールワット8



******************約900年前からここにたたずんでるんですよね***

アンコールワット9


遺跡を巡るときりがないくらい、いろんな場所に点在しています
名前を覚えるのは一苦労かと・・・。
[2005.06.16(Thu) 15:32] 旅日記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


それゆけ!アンコールワット!~ホテル編~ 

2005年06月16日 ()
行ってきました!待望のアンコールワット♪♪

ややハードスケジュールでしたが、満喫しました(^^)

飛行機からの眺め
アンコールワット3

夜明け前(ホテルの中庭で)
アンコールワット2

ホテルのロビー
(今回泊まったのは「アンコール・パレス・リゾート&スパ」)
アンコールワット4

こんな感じのお部屋です♪
アンコールワット5


ホテルは、いわゆるリゾートホテルで、
設備も充実していてゆったりくつろげました
[2005.06.16(Thu) 15:01] 旅日記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


とうとうアンコールワット!! 

2005年06月10日 ()
ついに明日からアンコールワットに行って来ます(^^)
アンコールワット1


向こうは只今雨季だそうですが、
一日中雨が降るわけではなく、
一定時間にスコールが来るそうです。


でも、その量ははんぱじゃないみたいです。
道路が水浸しになってしまうくらい激しいようです。


でも、めげずにいっぱい観てきます♪♪



・・・ということで、しばらく不在です(^^)
[2005.06.10(Fri) 23:10] 旅日記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


新緑の京都。歩く歩く♪ 

2005年05月04日 ()
ゴールデンウィークに突入し、人が多いのは覚悟のうえで、
京都に行ってきました(^^)
新緑がとてもきれいで、
緑のにおいが気持ちよかったです
kyoto03

kyoto02

Open↓

京阪の「出町柳」駅から、今出川通を東へ
歩く、歩く・・・。
白川通を渡ると、
そこから、「哲学の道」
kyoto01

kyoto04

「哲学の道」の道沿いには、雑貨屋さんや、
食べ物屋さんがいろいろあります(^^)
(↓この写真は、そのお店のひとつです。)
kyoto05


「哲学の道」の手前を左へ入ると、
「銀閣寺」につながる道があります。
「銀閣寺」は、庭がとてもきれいで、癒されました(^^)
kyoto06


どこかの山の中を散策しているように感じますが、
「銀閣寺」の中です
kyoto07

kyoto08


↓私の足!!(特典画像♪???)
kyoto09


「哲学の道」を歩く歩く、
そして歩く・・・と、
「南禅寺」に到着

三門の中に入ってみました!
三門からの景色も最高
kyoto10

kyoto11


「南禅寺」にある「疏水」(琵琶湖から京都にひかれた水路だそうです)
ここも木々の木漏れ日の中にあって、いい感じでした
kyoto12

kyoto13


そして、京都の小物はけっこうかわいいものがたくさんあります(^^)
これは、八坂神社近くの四条通にある御香屋さん(名前覚えてません )にありました!
kyoto14

kyoto14


「和」好きの方は、たまらないかも。
ちなみに私も「和」好きです(^^)

私、車とかで移動するより歩くのがもともと好きなので、
昨日、京都に行ったときも、歩く、歩く・・・そしてまた歩く・・・。       

で、出町柳駅→銀閣寺→哲学の道→南禅寺→蹴上駅。 
そこから地下鉄で京阪三条駅まで行って、そこから四条河原町まで歩き、
というコースだったんですが、         
どれくらい歩いたのかなぁ・・・と思って、今日地図を見たら、
約6㎞は歩いていたようです(^^)

いい運動になったわ

Close↑

[2005.05.04(Wed) 19:57] 旅日記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


屋久島紀行~初めて行ってきました~ 

2004年09月23日 ()
屋久島の旅は、癒されると同時に、体力勝負の旅でした!
なんせ、「ハイキング」などというような軽~い行程ではなく、まさに「登山」! 

ホテルに帰ったら(ちなみに泊まったホテルは「屋久島いわさきホテル」です)、お風呂にゆっくりつかってマッサージ!

友達とかわりばんこに「もみもみ」!
そうしないと、この2泊3日の旅は乗り切れない!!

そして、ホテルからの景色が疲れた体も癒してくれる~♡
屋久島6

Open↓

最終日は、「千尋の滝」を観にいき、
そこで売っていたガジュマル
思わず買ってしまった!
屋久島7


ガジュマル1


大きく育ってね♡

そして、屋久島を離れる日が・・・。
屋久島8


帰りは高速船「トッピー」に乗って鹿児島まで。
あっというまの2泊3日でしたが、とても癒されて、しかも体力もついたかも・・・。

今回は「縄文杉」は断念したので(脚に自身がなかったの)、次回は必ず行ってやる~!!

Close↑

[2004.09.23(Thu) 11:21] 旅日記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


屋久島紀行~初めて行ってきましたその1~ 

2004年09月23日 ()
以前から、一度行ってみたかったところが屋久島!!

今回ついに行ってまいりました!

天気にも恵まれ、順調な旅のスタート♡

空路「屋久島」へ!
屋久島1

Open↓

まずは、ガジュマル園へ!
屋久島2

背の高さは、ハンパじゃないです!
ちょっと熱帯のジャングルに来たような感覚でした。

そして、
「もののけ姫」の森のイメージにも使われた白谷雲水峡は神秘的な世界で、本当に「木霊」が出てきそうな感じでした

屋久島4


屋久島5


屋久杉もとても雄大で、自然の大きさを実感しました♡

屋久島3


第2弾へつづく♪

Close↑

[2004.09.23(Thu) 10:54] 旅日記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。